陰徳積みと吉相墓による開運のサイトです。陰徳積み、有縁無縁供養塔、地蔵尊影奉流などのご案内

墓相と家運

墓のない家庭は財産があっても良い相続人がなく、夫婦の片方が病弱短命、または家族に病人が絶えない。

  吉 相 悪 相
墓の地形 ・正しい四角及び長方形 ・東北が欠ける場合は夫婦が別れるか、身障者、変死、火難あり
・西北が欠けると子供の早死、身障者、変死あり
・西南が欠ければ後家、身障者、変死、火難生ず
・東南欠けるときは夫婦揃わず
・高い墓は金銭上凶
・墓の周囲に塀があれば世間体を憚るような秘密を生ずる
・山頂の墓は財産が殖えない
・井戸近くの墓は凶
・西傾すれば夫婦の片方が病弱か短命か火難
・北傾すれば子供に凶
・墓地の外から水が流入していると病人を生ず
 向き方 ・西向きは、女の長命
・北向きは、男の長命
・西南向きは、怪我、変死、後家、火難生じる
・西北向きは、病弱、変死、火難あり
・東北向きは、変死、怪我、火難、夫婦別居の相です
樹木と地面 ・樹木のない所
・赤の粘土系
・木の影の墓は病人が絶えない
・墓地内に木が生えて太くなると次第に財産が減り、病人が出る
・コンクリートを全面に敷けば、男子が早死にする
・砂利や小石は子供が病弱
・板石敷は財産上凶
台 石 ・竿石以外の上下二段
・猫足・膳足は養子
・三段石
・猫足・膳足は長男が相続
・台石二個は不動産減る
・各石の割れ
・自然石の台石は軽い身障者か、病人が出る
竿 石   ・細長い竿石は短命か養子
・見上げるほど高い竿石は見下げられる家庭となる
・自然石、河原石に文字を刻んだ竿石は絶家か、家族にでき物が絶えない
・竿石と台石の間をセメントで固めたものは中風、神経痛生じる
・竿石に傷のあるものは大怪我あり
・将棋形、月形、日形、円筒形などの奇形は養子か父が早死する
・竿石の折れや割れは怪我人が出る
文 字 ・竿石に夫婦揃える ・二組以上の夫婦の名をいれれば養子
・墓石側面の戒名は外に愛人が出来る
・本名そのままの墓は養子 ・夫婦別々の墓は養子か夫婦同棲困難
・「何々家之墓」「先祖代々之墓」「倶会一処」「何々家奥城」などは孫の代に養子となる
・夫婦の戒名が妻が向かって右に、夫が左にあれば女天下
・戒名を削って新たに書き替えると長患い、または狂死する
建立の順位 ・先祖から順々(死順にあらず)に向かって右端から左へ建てる ・墓地の右端に女名の石塔があれば女は強情になる
・子供の石塔が親の石塔より向かって右にあると親不孝な子となる
・先祖より二倍以上大きい石塔を建てると家運傾く
・墓地の中央正面から建て始めると二年以内に葬式を出す
・順位を無視した乱暴な建立は家庭内を複雑にする
・二組以上の夫婦の名を入れれば養子
 墓石の質 ・ 白の花崗岩 ・青色石は病人続く
・黒色石は大問題を起こすか火難生
・赤色は病弱
・自然石は血統絶える
・小さい河原石を竿石に代用すると死人が死人を呼ぶ
・大理石は怪我の恐れがある
木標と土葬   ・土葬の木標の前に茶碗、小石などを置くと出費が多くなる
・木の塔婆に本名を書いたものが五本以上ある場合は軽い身障者が出る
・境石があって石塔一基もない木標ばかりの墓は永久に建立されない
・骨や灰を瓶に入れて浅く埋めると主人が偏屈者となる
本家と分家   ・本家と分家が共同で一つの墓を持てば両方とも栄えない
・他家の墓石が自家の墓地内にあると厄介者が出る
・知人同士で共同で墓を作ると一方の財産が減る
・本家の父母の墓を分家が建立すると分家は事業に失敗する
住宅と墓   ・墓が住宅にあると病人、身障者、急病人が出る
・庭園の墓は病人が絶えず、身障者が生まれる
墓の移動とその他   ・石塔が傾けば金銭上の損失あり
・カロート式石塔は財産が減り養子または後家になる
・一基も建立の余地のない墓地は転宅か、または長子が家出か死亡する
・石塔に苔が生えるとクサの腫物が出来るか、病人が続く 勝手に石塔を移動すると急病人生ず
・生存中に自己の墓を建てると子供が無能力者になる
戒 名   ・「了」という文字は、終了の「了」で血統が絶えるか、絶家になる運命を暗示


以上の事から
墓の見方
吉 相 墓

・樹木のない所

・赤土の所
・正しい方形の敷地
・境石は自然地より八寸以下の高さ
・墓石は白い花崗岩
・墓石の下に二段の台石を置く
・夫婦を以て一竿とし他の死者は別に石塔を建てる
・向かって右奥の方から左の方へ代々生まれ順に建てる
・未成年者はまとめて一基のみ建てる
・墓地の入口は東から南の間に向ける
 矢印
悪相の墓
悪相の墓

・樹木の近くにある

・墓石が自然石で出来ている
・各石に傷や割れ、欠けがある
・墓が傾いている
・苔が生えている

・三段石
・地面にコンクリートや砂利や小石を敷き詰める
「何々家之墓」「先祖代々之墓」「倶会一処」「何々家奥城」



・墓参り
草をとり、墓地を掃く
石塔をたびたび水洗いせず、濡れタオルでふき取る
墓地の土が不足して雨水の溜まるときは、土を入れる
掃除が終わった後は各宗派の習慣に従って礼拝して下さい

徳風会竹谷式吉相墓  

徳風会竹谷式吉相墓は、永年の研究の結果を生かして凶相を排除し、吉なる形を取り入れ、開運、子孫繁栄、そして正しく先祖の祭祀が行なえる様に各家庭に合わせて、設計されます。 
「吉相墓」各部名称


石碑





夫婦で一基の石塔、夫(父、祖父)を右に、妻(母、祖父)を左に戒名を彫り入れます。


古い先祖は順序良く、五輪塔に戒名を彫り入れます。
父母の戒名・先祖~祖父母の戒名例




五輪塔(先祖代々供養塔)を1の位置に建て、代々を古い順に2→3→4と建てていく。

逆死者は地蔵、観音などで一番下座の9~7に建てる


建てていく順番図解
    石塔断面図  代々(夫婦墓)、五輪塔ともにセメントを使用せずホゾによる結合 


墓域(霊域)



必ず枠で囲い、入口があります。吉方位に向け、二重枠を必要によって設け、水の流れを吉方にします。

コンクリートで固めず、必ず土の土台の上に石碑を建てます。

お墓の向きの吉凶



お墓の向きの吉凶


石碑の向き、墓域(霊域)の向き、水の流れをすべて、東、東南、南へ整えます。




家庭・吉相墓

 墓は単なる石ではありません。亡くなった父母であり、先祖そのものでもあります。吉相墓には、家庭の幸福と子孫の繁栄への願いが込められています。



[一重枠]吉相墓 (標準的な吉相墓)
 五輪塔・夫婦(代々)・地蔵(逆死者)、家庭の安泰・永続、サラリーマン(役職なしの場合)、農業の人に向く吉相墓。



[二重枠・横墳墓]吉相墓
 商売人・サラリーマン(役職付き)向き。また、地形を吉相に変える場合に用いる。外枠があると内枠を保護する。家庭も不況その他・大変動が起こった時、保護される運命となります。
 清墓(遥拝所)と墳墓地(埋葬地)とに区分けする吉相墓。




事業家・吉相墓

 事業家・吉相墓は、家庭の円満をも含めて、特に協力者・援助者にめぐまれて、人の掌握力が強くなる、事業家運に向いた形の吉相墓です。



[二重枠・ギボシ]吉相墓
 家庭の円満も込めて、特に人を掌握し、協力者に恵まれて、事業運を出して行く強い吉相墓です。



[二重枠・ギボシ・後墳墓]吉相墓
 個人企業から法人へ、平社員から重役へ、重役から社長へ、と飛躍できる運命を育てる吉相墓です。
 清墓(遥拝所)と墳墓地(埋葬地)とを分けるのが最良で、別々に区別してある地域は大変都合良く暮らせています。
 奥行が深い墓地は、後方に墳墓を取ります。




分家初代

 二男、三男が本家より分かれて新世帯を持つと分家初代と言います。
 分家初代は運命的に弱く夫、妻、長男の何れかが欠ける事が多く、其れを防ぐ為には分家としての御墓が必要に成ります。
 氏の有る者は一定の墓所を必要とします。分家初代は亡者が出る前に、分家の墓を所有し、家の根を張り、永続して行く為の土台を固めて行かなければ成りません。
 二男、三男が分家する時に、財産分与として分家に本家(親)が墓地を与えて、経済的にも力の無い分家に力添えする事も大切です。
「切花は枯れますが、根の有るものは持続します」

良い墓を建てるに当たっての心構十ヶ条

~登録商標を取得している徳風会吉相墓へご相談下さい~


一、墓は家の根であり基である
二、墓は相続のものである
三、墓は先祖の家である
四、親の墓は子が建てる
五、墓相がよくなければならない
登録商標徳風会吉相墓
  六、お墓は因縁によって建つものである
  七、よい因縁を作るために功徳積みが肝要である
  八、陰徳を積まねば良いお墓は建たぬ
  九、お墓の建て方や祀り方によって家運の盛衰を生ずる
  十、家庭に於ける数々の問題も墓を持たないか、良い墓でないと云ふことである

吉相墓建立者の皆様へ

吉相墓を建立してから、十年・二十年・三十年と長い年月が経過して来ますと、それぞれの家の状況、お墓の状態にも自ずから色々と変化を来たして来る場合があります。

例えば、吉相墓を建立した当時からみると、事業や事業の内容が一段と発展して、経営を大きく伸ばした家。この様な家には、家の力をしっかりと支える強い力を持つお墓が必要となります。

分家初代墓を建立して長い年月の末、本家を相続しなければならなくなった家。この家は当然、お墓も分家墓から本家墓へと移行しなければならないでしょう。
又、世代の交代などもあって、お墓を建立された頃とは、家の現状が著しく変って来ていることがあります。

この様に、家の状況が建立当時とは全く変化して来ているにも関らず、お墓だけが旧態然のままの状態に放置しておくと、お墓と家との内容がそぐわなくなってきて、やがてはお墓と家との一体感は薄れていくことになるでしょう。
また、お墓を建ててから長い年月が経つと、石碑の傾き、変色等の不具合が発生している場合があります。

いくら家に相応しい状態の下に建立された吉相墓であっても、長い年月の内に、家の状態や家を取り巻く周囲の状況に変化が起これば、お墓の再検討が必要です。
さらなる家運の繁栄には、吉相墓を再設計し、建て替などが必要となってきます

「吉相墓」入門 サイトのご案内

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)
 各家庭によって先祖の祭祀はちがってきます。祀られるべき先祖によって、建てる石塔の基数、五輪塔への刻入。宗教宗派に合った祀り。家の状況や墓地との寸法バランスなど。
 各家庭に合わせて適切に「吉相墓」を指導いたします。
 また吉方位に正面を向け、午前中の太陽の光が遮られない事など、墓地の環境にも注意します。竹谷式吉相墓は規格品ではない、各家庭に合わせて設計される本式の「吉相墓」です。

Menu

●各家庭に合った「吉相墓」・「吉相墓」の種類
●「吉相墓」の特長
●「吉相墓」は、先祖の祭祀を代々承継する「家庭の墓」
●分家の「吉相墓」
●「吉相墓」は、凶を避けて吉に付く「吉相の墓」
●「吉相墓」は、ご先祖様への感謝の心を形にして祭祀します




より詳しく吉相墓のことを、知りたいお方は。
「吉相墓」入門のサイトへ。
「吉相墓」入門へ
【PCサイト】http://吉相墓.jp/ 【スマートフォンサイト】http://bosou.jp/sp/












| ホーム | 徳風会とは | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 資料請求・お問い合わせ | 

吉相墓の歴史
墓相と家運
先祖供養
建立実績のご紹介
徳風会・吉相墓発行書籍のご案内

聰寿会のご案内
徳風会パラオ戦没者慰霊塔
「良縁クラブのご案内」へ

徳風ネット 徳風新聞へ

「吉相墓」入門へ

「WebShop徳風出版」へ


「松山徳風会」へ

「大黒山東泉寺」へ

「株式会社 亘 徳」へ

「株式会社 倉元家石材商店」へ

「株式会社 宮口石材商店」へ

「柿本鳳祥堂」へ

「株式会社京都光仙堂」へ

「株式会社 徳風會・祭祀研究所」へ